このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

大学基本情報:大学案内

特別栄誉教授

飯島 澄男(いいじま すみお)博士

所属・職

名城大学大学院理工学研究科 教授
NEC特別主席研究員
(独)産業技術総合研究所 ナノチューブ応用研究センター長

称号授与理由

炭素から成る新物質相「カーボンナノチューブ」を1991年に発見した飯島澄男博士は、ナノチューブ構造の詳細な観察と解析を通してナノチューブの成長や折れ曲がり構造の発生に関するモデルの提唱、ナノチューブ管内に異種物質が入り込む毛細管現象の発見、単層ナノチューブの合成を続けて行っている。現在、ナノチューブに関する材料科学の基礎から応用にまでおよぶ新分野を開拓しつつあり、科学界のみならず産業化へも大きなインパクトを与えている。これらの業績に対して本学出身の飯島博士へ第1回電気通信大学同窓会賞が授与され、さらに、学内で開催された飯島博士による種々の特別講演を通して教職員、学生に深い感銘と刺激を与えている。

以上から、飯島澄男博士に、特別栄誉教授の称号を授与する。

主な受賞歴

1976年 バートラム・ワーレン賞(米国結晶学会)
1985年 仁科記念賞
1996年 朝日賞
2002年 マックグラディ新材料賞(米国物理学会)
2002年 アジレント欧州物理学会賞
2002年 ベンジャミン・フランクリン・メダル物理学賞
2002年 日本学士院賞・恩賜賞
2003年 第3回応用物理学会業績賞
2003年 文化功労者顕彰
2004年 科学技術功績メダル(米国炭素学会)
2005年 著名科学者賞(米国顕微鏡学会)
2007年 藤原賞
2007年 バルザン賞(スイス、イタリー)
2007年 米国科学アカデミー外国人会員
2008年 カブリ賞(ノルウエー)
2008年 アストゥリアス皇太子賞(スペイン)
2009年 文化勲章
大学案内トップ