このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

大学基本情報:大学案内

特別栄誉教授

Alexander A. Kaminskii (アレキサンダー・カミンスキー)博士

所属・職

ロシア科学アカデミー結晶学研究所 教授

称号授与理由

Alexander A. Kaminskii博士は1988年、量子エレクトロニクス国際会議(IQEC) 1988 in Tokyoで初来日して以来、レーザー新世代研究センター(レーザー研)植田グループと共同研究を開始した。旧ソ連が崩壊した後には、レーザー研が光科学国際シンポジウムを開催し、プロコロフ教授と共に国際的に支援する活動をしたこともあり、親密な協同研究関係を構築し、固体レーザー研究、セラミックレーザー開発などで、レーザー研の固体レーザー開発の基礎、結晶分光学に多大な貢献があった。その後、日本学術振興会短期招聘制度、レーザー研外国人客員教授制度などを利用して、1999年以来、毎年最低3ヶ月はレーザー研に滞在し、共同研究を実施してきた。これまでに発表した共著論文は70編以上に達しており、国際的に見ても一体的な研究グループとして認識されている。世界的に固体レーザーの革命として認識されるようになったセラミックレーザーの研究は、レーザー研とKaminskii博士の基礎、応用科学の融合の賜物である。世界的なセラミックレーザーに関する国際会議Laser Ceramics SymposiumはKaminskii博士と植田教授が中心になって設立し、毎年、世界を巡回しながら開催している。 Kaminskii博士は、レーザー研の外国人客員教授としての多大な貢献と、国際共同研究によってレーザー研の業績を世界に周知させることに尽力された。

以上から、Alexander A. Kaminskii博士に特別栄誉教授の称号を授与する。

主な受賞歴

1993年 Rozhdevstvenskii Prize from the Russian Academy of Sciences
1994年、
2003年、
2008年
Research Prizes from Alexander von Humboldt Foundation, Germany
1994年 Research Prize of JSPS
1995年、
1996年
International Man of the Year, silver medal from International Biographic Centre (Cambridge, UK)
大学案内トップ