このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

教務情報:教育・学生生活

休学・退学等

休学・退学等に関しては、その時期により授業料の支払いと関係してきますので、急病などのやむをえない事情を除き、事前に余裕をもって相談してください。相談の内容によっては教員による十分な助言を受けるために、必要な時間を確保しなければならないこともあります。手続きが遅れたことにより、休学期間中であっても授業料の免除が受けられないことがあります。

休学

疾病その他やむを得ない事由により3か月以上修学ができないときは、休学を始める月の前月の20日(休日の場合は直前の平日)までに連絡者(保護者)、学科長・課程長、学生支援担任(指導教員)の承認を得て「休学願」を教務課情報管理係に提出してください。

復学

復学時の状況によって「復学届」または「復学願」のいずれかを提出してください。

  • 休学期間が満了した場合は、復学後に「復学届」を提出してください。

  • 休学期間内に休学事由が解消した場合は、復学しようとする月の前月の20日(休日の場合は直前の平日)までに連絡者(保護者)、学科長・課程長、学生支援担任(指導教員)の承認を得て「復学願」を提出してください。

    • 注:病気で休学した場合は、必ず通学可能である旨の医師の診断書を添えてください。

退学

本学を退学する場合は、退学する月の20日(休日の場合は直前の平日)までに連絡者(保護者)、学科長・課程長、学生支援担任(指導教員)の承認を得て「退学願」を教務課情報管理係に提出してください。

除籍

次の場合、除籍となり、学生の身分を失います。

  1. 死亡または長期にわたり行方不明の場合
  2. 病気その他の理由で成業の見込みがないと認められる場合
  3. 入学料や授業料の支払いの猶予を受け、所定の期日までに支払わない場合
  4. 授業料を所定の期日までに支払わず、催告を受けてもなおこれを支払わない場合
  5. 学則に定める在学期間を超える場合
  6. 学則に定める休学期間を超えてなお修学できない場合
休学・退学等に関する問い合わせ窓口

教務課情報管理係(本館1階)
電話番号:042-443-5078
受付時間:平日9時から17時(12時から13時を除く)

教育・学生生活