このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

国立大学法人 電気通信大学

ここから本文です

学域(学部)・大学院情報理工学域

成績評価・学位授与

成績評価

各授業科目の判定は「秀」、「優」、「良」、「可」、「不可」の評語をもって表し, 「可」以上を合格とする。
ただし、「総合コミュニケーション科学」、「輪講A」、「輪講B」、 「卒業研究A」、「卒業研究B」の成績は、「合格」、「不合格」をもって表す。

評価基準

秀、優、良、可、不可の評価基準は、次のとおりとなります。

  • 秀:特に優れている。 総合評価90点以上
  • 優:優れている。 総合評価80点以上
  • 良:妥当と認められる。 総合評価70点以上
  • 可:合格の最低基準は満たしている 総合評価60点以上
  • 不可:合格の最低基準を満たしていない(履修放棄を含む) 総合評価60点未満

総合評価

授業内容の100%修得をもって総合評価100点となります。

各授業科目の成績評価方法及び評価基準(最低達成基準)はシラバスを参照してください。

評価平均(GPA:Grade Point Average)

評価平均(GPA)は卒業要件に係わる科目の秀,優,良,可,不可の各評価をそれぞ れ4、3、2、1、0 とし、次の式で計算する。

評価平均(GPA)={4×(秀の単位数)+3×(優の単位数)+2×(良の単位数)+1×(可の 単位数)+0×(不可の単位数)}/(不可を含む履修総単位数)

なお、自由科目、教職科目、認定単位、「総合コミュニケーション科学」、「輪講A」、「輪 講B」、「卒業研究A」、「卒業研究B」は計算に含めない。また,不可になった科目を再履 修して合格となった場合,以前の不可は計算に含めない。

学位授与

4年(編入学者は2年)以上在学し、卒業所要単位を修得した者は、教授会の審査を経て卒業が認められ、卒業証書及び学士の学位が授与されます。

卒業所要単位

学位

学士(工学)が授与されます。

このページをご覧になるために

Adobe Reader ダウンロードページへ(新しいウィンドウが開きます)

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社の Adobe Readerが必要になります。 最新の Adobe Readerは Adobe社のウェブサイトより無料でダウンロード可能です。