このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

生涯学習:地域交流・国際交流

いなぎICカレッジ・プロフェッサー講座

本学では、稲城市教育委員会より講師派遣の依頼を受け、平成19年より「いなぎICカレッジ・プロフェッサー講座」事業に協力しています。

講座紹介

電通大の最先端研究 全6回
(前編3回)ケータイからユビキタスへ
講師 山尾 泰(先端ワイヤレスコミュニケーション研究センター 教授)
日程・テーマ (第1回)2011年10月29日(土曜日) 電波の不思議 -目にみえない電波の性質-
(第2回)2011年11月19日(土曜日) ケータイ電話のしくみと、 新しい電波有効利用技術
(第3回)2011年12月17日(土曜日) ケータイからユビキタスへ  何が難しいの?
内容 今や社会生活になくてはならない携帯電話。さらにパソコン用無線LANやブルートゥースなど、どんどん増える身の周りのワイヤレス通信技術と電波の関係についてお話しします。
電波による通信が実証されてからすでに120年以上がたち、社会のあらゆる場所でワイヤレス通信が利用されています。携帯電話はそのうち最も普及が進んだものですが、このように誰もが日常生活の中で電波を用いるようになるとは、ほんの30年前までは考えられなかったことです。一体、身の回りに使われているワイヤレス通信機器と電波の関係は?電波の不思議と、ワイヤレス通信の最新技術を紹介します。
(後編3回)無意識を計算してみましょう !
講師 坂本 真樹(大学院情報理工学研究科 准教授)
日程・テーマ (第4回)2012年1月21日(土曜日) 人は言葉から色を連想する。テキストに適した色彩推薦システム
(第5回)2012年2月18日(土曜日) 人が言葉からイメージすることの計算方法。言葉のイメージ判定システム。
(第6回)2012年3月17日(土曜日) テレビCMやインターネット上の広告をみるときに頭の中で起きること。
内容 人が無意識に言葉を使うとき、言葉や色が使われた情報を見るとき、広告をみるとき、頭の中で何が起きるのか計算できると、どんなに役立つかお話しします。
人が言葉を使ったり聞いたりするとき、言葉や色が使われた様々な情報をみているとき、テレビやインターネットの広告をみているとき、頭の中では複雑で捉えどころのないようなすごいことが起きています。これを的確に把握して計算できれば、効果的な言葉の選択やデザインの選択などができます。研究室で作成した言葉のイメージ判定システムやテキストに適した色彩推薦システムを紹介しながらお話しします。
時間 13時30分から15時00分
会場 稲城市立iプラザ(第1回、2回、3回、6回)
稲城市地域振興プラザ(第4回、5回)
受講料 一講座(6回) 4,000円 
定員 50名
申し込み 締め切り:2011年8月19日(金曜日)

詳しい活動内容は、いなぎICカレッジのサイトをご覧ください。

過去のいなぎICカレッジ・プロフェッサー講座

地域交流・国際交流
地域交流
国際交流