ここから本文です

お知らせ

【報告】第104回研究開発セミナー

2016年10月17日

第104回研究開発セミナー『小型化・無線化によるストレスのない生体情報の検出−感性研究、リハビリ、睡眠分野への応用と評価−』を以下のとおり開催しました。

日時 平成28年4月15日(金)13:00~17:30
場所 電気通信大学東7号館415研修室
企画・司会 産学官連携センター客員教授 坂本 和義
URL /news/event/2015/20160325-1.html

日本の65歳以上の高齢者人口は近年増加の一途を辿り、2007(平成19)年には全人口の21%を超過し、日本は“超高齢社会”に突入しました。今後も高齢者の人口増加は予想され、特に75歳以上の後期高齢者人口の急峻な増加が予想されています。
超高齢社会において高齢者の心身状態を的確に把握することは社会の要請するところです。本セミナーでは、最近の生体情報技術や、生体情報技術を駆使した高齢者の健康度評価について解説し、センサー技術の進歩により小型化・無線化されたデバイスを実際に多数の生体情報の取得に活用し事業化させた例をいくつか紹介しました。
当日は、総数55名(事前申込者45名、当日参加者10名)の参加で、会場が満席となり大変盛況でした。また、長時間の講演にもかかわらず、質疑応答では活発な議論が交わされるなど、一般においてもこの分野の興味の高さを改めて感じることとなり、有意義なセミナーとなりました。

詳しくは、産学官連携センター第104回研究開発セミナー開催報告をご覧ください。