このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

学長室から:大学案内

学長挨拶

2013年1月7日
電気通信大学長 梶谷 誠

あけましておめでとうございます。

昨年は、日本はもとより世界中が迷走と混乱と危機にさらされました。その年も終わる頃、日本、韓国、中国、米国の政治のリーダが新しくなりました。これが吉となるか、凶となるか、今年こそ地球は一つであることを世界のすべての人々が実感できることを願っています。

日本の大学も厳しい状況に置かれています。昨年6月文部科学省は「大学改革実行プラン~社会の変革のエンジンとなる大学づくり~」を発表しました。特に、国立大学に対しては、国立大学改革[多様な大学間連携(制度的イメージ)] や国立大学改革[ロードマップ]などが示され、波紋を投げかけています。国立大学改革[ロードマップ]では、国立大学の新体制構築と機能強化に向けた改革を加速するため、平成24年度中に改革の基本方針を提示し、平成25年度は改革集中実施期間というスケジュールになっています。すでに、改革モデルの先行実施を行うとして、教員養成、医学、工学分野のミッション再定義と称する作業が昨年10月から実施されており、風雲急を告げる情勢にあります。本学も工学分野として渦中にあります。なぜ突然このような事態に陥ったのかについてはここでは触れません。

本学はすでにミッションを明確にし、そのための改革を着実に実行してきました。それを大きく変更する必要はないと考えています。

本学の「理念」、「基本方針」、「UECビジョン2018」、「アクションプラン」は下記ページでご確認いただけます。

電気通信大学は、「知のボーダレス化」、「連携と協働」および「開放と透明性」を経営戦略に据え、「UECビジョン2018」を掲げて社会へ貢献したいと願っています。

「UECビジョン2018」が目指す本学像は、一言で

Unique &  Exciting Campus

と表し、電気通信大学(UEC)を世界中の個性豊かな(Unique)若者が集い、楽しくてわくわくする(Exciting)新しい知と個性を育てる大学(Campus)にしたいと願っています。

今年も何とぞよろしくご指導、ご支援のほどお願い申しあげます。

大学案内トップ