このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

学長室から:大学案内

学長挨拶

2013年4月9日
電気通信大学長 梶谷 誠

Unique & Exciting Campus を目指して

今年は桜の開花がはやく、本学の桜も卒業式(3月25日)には満開となり、入学式(4月4日)では噴水の水面を埋めた桜花が新入生を迎えてくれました。

今年度は、学部改組(電気通信学部から情報理工学部)、研究科改組(電気通信学研究科から情報理工学研究科)から4年目にあたりますので、情報理工学部は新入生を迎えて学部1年生から4年生までが揃い、学部改組が完成しました。この間、女子学生の増加に力を入れてきましたが、電気通信学部として最後の2009年度の新入生の女子比率8.4%から年々増加し、今年2013年度の女子比率は13.5%、112名と大幅に増加しました。電気通信大学は今後も、女子学生、女性教員の参画を促し、科学技術分野での女性の活躍を積極的に推進していきます。

我が国は、東日本大震災による大きな傷跡の復旧・復興はまだまだ先が見えず、ここ20年以上に及ぶ経済不況もムード的には明るさが見えてきたようですが、本格的な動きは不透明な状況です。しかし、我々は若い人の活力を信じ、若者に未来を託すことしか道はありません。そのために、本学は人材育成と知の創造において、果たすべき使命を明確にして、地道に日々の活動を積み重ねています。

電気通信大学は、「知のボーダレス化」、「連携と協働」および「開放と透明性」を経営戦略に据え、「UECビジョン2018」を掲げて社会へ貢献したいと誓っています。

「UECビジョン2018」が目指す本学像は、一言で

Unique &  Exciting Campus

と表し、電気通信大学(UEC)を世界中の個性豊かな(Unique)若者が集い、楽しくてわくわくする(Exciting)新しい知と個性を育てる大学(Campus)にしたいと願っています。今まさに、日本が必要としている姿だと確信しています。

今年も何とぞよろしくご指導、ご支援のほどお願い申し上げます。

大学案内トップ