このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

国立大学法人 電気通信大学

ここから本文です

イベント情報

第116回研究開発セミナー【12月5日開催】

2018年10月25日

IoT・ICT、人工知能を活用して、全てが繋がる社会システムが加速している。これからは、「ひと」と「ひと」、「ひと」と「もの」「もの」と「もの」のインターラクション(コミュニケーション)がますます重要となります。
科学の世界でも、分野ごとに区切られた論理や研究・技術のみでなく、総合的視野で事象を観て、イノベーションを起こす時代となっています。

今回のセミナーでは、幸せな社会を目指して、人間とAIの協創・協働の観点から、「総合的なAI開発・活用には必須の脳科学・睡眠の原理」、「人工知能時代の新たなヘルスケアと医」、「人と共存するこれからのロボット」、「未来社会のAI・人間協創型コミュニティ構築の試み」等についてご講演を頂きます。

AIの進化と総合コミュニケーション科学 ~人工知能がヒューマンから学び・活用される試み最前線~
日時

2018年12月5日(水) 13時30分から17時10分

場所 電気通信大学 創立80周年記念会館3階フォーラム
主催 電気通信大学 産学官連携センター
共催 電気通信大学 産学官連携センター事業協力会
後援 (社)目黒会(電気通信大学同窓会)
プログラム 13時30分から13時35分 開会挨拶
13時35分から14時25分 「睡眠覚醒の謎に挑む ~『眠気』の実体の解明を目指して~」
柳沢 正史 氏(筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS)機構長)
14時25分から15時15分 「人工知能時代の新たなヘルスケアと医療 ~ライフコースデータの集積と活用~」
桜田 一洋 氏(理化学研究所 医科学イノベーションハブ推進プログラム 副プログラムディレクター)
15時15分から15時25分 休憩
15時25分から16時15分 「AI × ロボティクス ~人と共存するこれからのロボット~」
長井 隆行 特任教授(本学人工知能先端研究センター、大阪大学大学院基礎工学研究科 教授)
16時15分から17時05分 「未来社会に向けた共創型コミュニティ構築の試み ~つくばの事例~」
江渡 浩一郎 氏(産総研 知能システム研究部門スマートコミュニティ研究グループ 主任研究員)
17時05分から17時10分 閉会挨拶
参加費 3,000円(資料代、飲み物代を含む)
事業協力会会員及び学内教職員、学生は無料

参加証の配布は致しません。
当日参加される方は受付にて名刺を頂戴いたします。

<事業協力会会員の皆様へ>
お手数ですが、会員証をご持参ください。
会員証のご提示がないと一般参加となります。
お申込み方法 参加ご希望の方はウェブお申込みフォームに必要事項を記載してお送り下さい。

または、御氏名、ご連絡先をご記入の上、FAXにて産学官連携センター
研究開発セミナー担当(042-490-5727)までお申し込み下さい。