このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

研究活動:研究・産学連携

研究ステーション

研究ステーションは先進的または社会的に重要な課題について研究を行う全学的な組織です。
一定の期間、学科等の枠を越えて研究グループを構成し、将来を見通した自由度の高い柔軟な研究活動を行うことにより、本学あるいは社会の発展に寄与することを目的としています。

設置されている研究ステーション

情報セキュリティ研究ステーション

ステーション長 情報学専攻 高田 哲司 准教授(2014年4月1日から)
情報メディアシステム学専攻 小池 英樹 教授(2014年3月31日まで)
情報システム運用学専攻 箱崎 勝也 教授(2006年3月31日まで)
設置期間 2016年4月1日から2021年3月31日
(2001年4月1日から2006年3月31日、2006年4月1日から2011年3月31日、2011年4月1日から2016年3月31日)
活動内容 安全なICTと社会の実現に資する暗号・情報・ネットワーク・社会学に関する研究を推進することを目的とする。

環境調和型ライフサイクル研究ステーション

ステーション長 情報学専攻 山田 哲男 准教授(2018年4月1日から)
情報学専攻 由良 憲二 教授(2018年3月31日まで)
知能機械工学科 石川 晴雄 教授(2006年9月4日まで)
設置期間 2018年4月1日から2023年3月31日
(2003年4月9日から2008年4月8日、2008年4月9日から2013年4月8日、2013年4月9日から2018年3月31日)
活動内容 いっそうの高品質・高技術を追求しつつ、資源循環やCO2削減などの環境への配慮が十分なされたモノづくりプロセスとして、ライフサイクル設計、サプライチェーン設計と環境経営に着目し、情報をベースにしてこれを可能にする環境調和型の製品ライフサイクルに関する研究を行う。

先進アルゴリズム研究ステーション

ステーション長 情報学専攻 西野 哲朗 教授(2008年3月1日から)
情報通信工学科 富田 悦次 教授(2008年2月29日まで)
設置期間 2018年12月1日から2023年11月30日
(2003年10月8日から2008年10月7日、2008年12月1日から2013年11月30日、2013年12月1日から2018年11月30日)
活動内容 本学における先進アルゴリズムの研究・教育を、学科、専攻の壁を越えて全学的に推進し、当該分野における本学の活動を世界に向けて発信する際の中核となることを目指す。

エンターテイメントと認知科学研究ステーション

ステーション長 情報・ネットワーク工学専攻 伊藤 毅志 准教授
設置期間 2016年6月8日から2021年6月7日
(2006年6月8日から2011年6月7日、2011年6月8日から2016年6月7日)
活動内容 さまざまな情報処理技術を用いた新しいエンターテイメントの創出とそれらの新しい情報化技術が人間の認知に与える影響について学際的な視点から共同研究を推進していく。

地球環境研究ステーション

ステーション長 情報・ネットワーク工学専攻 芳原 容英 教授
設置期間 2016年6月28日から2021年6月27日
(2011年6月28日から2016年6月27日)
活動内容 大気圏、地圏、宇宙など地球周辺環境に関する観測的及び理論的研究を、新しい電磁気手法をキーとして、従来の観測手法との融合により実施する。具体的にはサイエンスとしての各領域や領域間の結合機構の解明、工学的応用として極端事象(竜巻、集中豪雨、地震、太陽活動等)の監視や短期予測手法の開発、将来の情報発信のあり方までを広く研究対象とし、地球規模の安心、安全な社会の実現に貢献する。なお本ステーションにおける研究は、その学際性を鑑み、学内における連携はもとより広く国内外の共同研究も通じ、グローバルスケールにて行う。

次世代品質信頼性情報システム融合研究ステーション

ステーション長 i-パワードエネルギー・システム研究センター 横川 慎二 教授
(2017年4月1日から)
情報学専攻 鈴木 和幸 特任教授(2017年3月31日まで)
設置期間 2015年4月1日から2020年3月31日
(2012年2月21日から2015年3月31日)
活動内容 製品設計から使用までの一気通貫プロセスに多様な個別顧客ニーズを取り込み、リスク事象の未然防止に基づく高信頼性・高品質製品を実現する新たな品質・信頼性アーキテクチャの創出と、その有効性実証を主目的とする。

イノベーティブ理工系英語教育研究ステーション

ステーション長 共通教育部 Shi Jie (史 傑) 教授
設置期間 2019年4月1日から2021年3月31日
(2013年8月1日から2018年3月31日、2018年4月1日から2019年3月31日)
活動内容
  1. To deepen the research on scientific English education at both curricular and pedagogical level in the domain of EST in Japan and Asia;
  2. To explore new research developments in the areas of Corpus, Data-Driven and CALL (Computer-Assisted Language Learning) which can be applied to EST education applicable to both Technical English courses and courses of science and engineering by science faculty and the development of AI language related research;
  3. To make connection between the curricula of undergraduate general English education, Undergraduate Technical English and Graduate School Technical English programs of UEC Tokyo. To this end, it is planned that needs analysis on English by B3 and B4 students in the undergraduate school and M1 and M2 students in the graduate school. In addition, it is hoped that the investigation on how science and engineering teachers deal with the English needs and how they support the weak students in English in their labs and research. The teachers’ endeavors and needs for English supports are to be analyzed and the results of which will be used for developing the curricular developments and reforms of UTE and GTE.
  4. To develop the research on cognitive learning and education in and beyond the realm of English as a Foreign Language (EFL) and the other languages.
  5. To make develop research on AIALT (AI-Assisted Language Translation) and contribute to the theoretical linguistic and neurolinguistics development of AI.

メガリスク型災害研究ステーション

ステーション長 情報学専攻 山本 佳世子 教授
設置期間 2018年8月1日から2023年7月31日
(2013年8月1日から2018年7月31日)
活動内容 本学の理工学系と人文・社会科学系の多様な専門分野の研究者の研究蓄積を基盤として、学外の災害関連分野の研究者の参加により、低頻度メガリスク型災害への対応とともに、日本全体の再生を目指して「災害学」という新しい学問分野を確立し、「知のプラットフォーム」を構築する。さらに産業界、市民やNPO等との連携、国内外の災害関連の研究組織等とのネットワーク化を行う。またこれらの研究活動に学生の主体的な参加を奨励することにより、当該分野における研究者、専門家として、アカデミア、産業界の両分野において将来の活躍が期待できる人材を育成する。

技能情報学研究ステーション

ステーション長 機械知能システム学専攻 阪口 豊 教授
設置期間 2018年4月1日から2023年3月31日
(2013年10月1日から2018年3月31日)
活動内容 身体技能の遂行およびその習得に関わるヒトのメカニズム(知覚・運動制御・機械力学・神経メカニズム・計算・情報表現・情報伝達などをすべて包含する)を解明するとともに、その知見に基づいて身体技能の習得や教育、支援について技能の実践現場へのフィードバックをはかることを目的とする。

詳しくは、研究ステーションのサイトをご覧ください。

研究・産学連携