このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

研究支援制度:研究・産学連携

若手教員(海外)研修

対象

派遣される年度の4月1日時点で45歳未満であって、本学での職歴が出発時に2年以上である若手教員を対象に海外研修制度を実施しています。

研修期間

本制度の研修期間は3~12か月以内とし、1事業年度(4月~3月)内に実施するように計画する。

支援内容

渡航費用として、総額200万円を限度に旅費の支援を行う。
なお、研修に派遣される教員の留守中の講義、演習等の非常勤講師手当等として、採択1件当たり50万円を限度に大学が専攻等に措置する。

具体的な募集要項は、研究推進課のサイトをご覧ください。

研究・産学連携