このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

基金の概要

 

サイト内の現在位置

基金の概要

基金による展開事業

電気通信大学基金には、「電気通信大学基金(一般)」(以下「大学基金(一般)」と記載します。)と「学資支援基金(経済的理由により修学が困難な学生向け)」(以下「学資支援基金」と記載します。)があります。
皆様方からご寄附いただいた寄附金については、積立てを行い、その果実をもって事業を実施することを基本としますが、必要に応じ、一定額を限度として直接「事業資金」として以下の事業に活用することとします。なお、ご寄附いただく方が事業を特定してご寄附された場合は、その意志を尊重して、管理・活用を行います。

大学基金(一般)

  • ○創立100周年記念事業
    記念施設の建設、記念誌の発行、記念式典や記念行事の開催等
  • ○教育研究支援・環境整備事業
    • ・奨学支援
      学生(留学生を含む、主に博士後期課程学生)に対する奨学金・授業料・入学料免除等
    • ・国際交流支援
      学生・職員の海外派遣、研究者招聘、学術交流、短期留学プログラム支援等
    • ・キャンパス整備
      キャンパス緑化、コミュニケーションパーク整備、芸術品の購入・展示等

*第Ⅰ期(2018年3月末迄)は、次の事業を中核事業としてご寄附をお願いしています。
 ①給付型奨学金制度の充実
 ②100周年キャンパス整備・運営

学資支援基金(経済的理由により修学が困難な学生向け)

平成28年11月から、新たに経済的理由により修学が困難な学生等に対する修学支援に的を絞った「学資支援基金」を開始しました。この基金は、上記「大学基金(一般)」の「教育研究支援・環境整備事業」のうち、次に掲げる事業に基金を供する場合において、経済的な理由による修学が困難な学生に限定して、この基金から支援を行うものです。

  • ・授業料・入学料又は寄宿料の全部又は一部の免除その他学生の経済的負担の軽減を図る事業
  • ・学資を貸与又は給付する事業
  • ・教育研究上の必要があると認めた学生等による海外への留学に係る費用を負担する事業
  • ・ティーチング・アシスタント、リサーチ・アシスタント等本学の規則で定めるところにより、学生の資質を向上させることを主たる目的として、学生を教育研究に係る業務に雇用するために係る経費を負担する事業

学資支援基金の位置づけ

*基金の目的以外での寄附をお考えの方は、下記リンクをご覧ください。

募金目標と期間

目標額:10億円(第1期:平成24年7月1日から平成30年3月31日まで)
募集期間:平成24年7月から

ご寄附をお願いしたい金額

一口 5,000円 本基金の趣旨をご理解の上、複数口でのご協力をお願いします。
なお、継続寄附や複数回お申込みの方は1,000円からお申込みいただけます。

基金の管理運営

学内外の委員で構成する電気通信大学基金運営委員会を設置して、基金の事業計画や予算など審議し、適正な管理・支出を図ります。
電気通信大学基金運営委員会規程は下記PDFをご覧ください。

電気通信大学
基金事務局

TEL:042-443-5132
FAX:042-499-4858
E-mail: kikin@office.uec.ac.jp