このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

国立大学法人 電気通信大学

ここから本文です

お知らせ

ユニットタイプの学生宿舎・寮における新型コロナ感染対応について

2020年10月14日

ドーム友達・五思寮 居住者各位

電気通信大学 学生課 学生宿舎担当

以下の事項に該当する場合は、所定の手順および注意事項に従って行動してください。

風邪のような症状・37.5度以上の発熱・強いだるさや息苦しさ を感じた際

  1. 他の人との接触を避け、マスクを着用する。
  2. すみやかに最寄りの「帰国者・接触者センター」に電話で相談し、その指示に従う。併せて、大学に連絡する。
  3. 「帰国者・接触者センター」から指示があった場合、新型コロナ外来を受診する。併せて、大学に連絡する。
    ※この際、マスクを着用して、公共交通機関は極力使用しない。
  4. 医師により検査の必要ありと判断された場合、PCR検査を受ける(東京都健康安全研究センター等)。併せて、大学に連絡する。

(ユニットタイプの学生宿舎・寮居住者の場合)

  1. 医療機関の許可があるまで、西11号館職員宿泊施設にて隔離滞在する。
電話連絡先

帰国者・接触者センター 042-362-2334(平日日中、多摩府中保健所)
            03-5320-4592(平日夜間・土日)
大学連絡先       042-443-5082(学生課学生係)

検査結果が陽性の場合

    1. 感染症指定医療機関等で診療を受ける。
    2. 大学に連絡する。

    (ユニットタイプの学生宿舎・寮居住者の場合)

    1. 医療機関の許可があるまで、西11号館職員宿泊施設にて隔離滞在する。

    西11号館職員宿舎施設での隔離滞在時の注意事項

    • 食事はデリバリーサービス等を利用すること。
    • ゴミは袋にまとめておき、満杯になったら指定する隣室に置くこと。
    • 洗濯は行えないので、できる限り多めに着替えを用意しておくこと。
      ただし、水道やシャワーを利用した簡易的な洗濯は可能。

    同一ユニット居住者の対応及び注意事項

    ユニットタイプの学生宿舎居住者が西11号館職員宿泊施設で隔離滞在することとなった場合、本学担当者は同一ユニットに居住する方にその旨を伝え、以下の対応を指示します。

    • 保健所の指示に従い、許可があるまで極力共用部分を使用せず、自室待機すること。
    • 食事は他人と接触しないようにとること。