このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

国立大学法人 電気通信大学

ここから本文です

お知らせ

【協賛企業募集】UEC Bug Bounty 2022 協賛について

2022年06月17日

『UEC Bug Bounty』は本学内の情報システムを対象とした学生によるホワイトハッキングチャレンジ大会です。学生が自らの大学のシステムを検査し、脆弱性(バグ)を見つけ、その問題点と改善提案を大学にぶつけるという挑戦的なイベントです。

情報セキュリティはあらゆる産業・分野で最重要課題のひとつですが、これを担う人材は不足しています。本学は情報分野を専門とする大学として、情報セキュリティ人材の育成に力を入れています。本大会へのご協賛を通じて、本学の取り組みにご賛同いただける皆様を募集いたします。

意欲あふれる学生へのご支援をよろしくお願いいたします。

UEC BugBounty 2022

大会参加資格

参加者は本学の最高情報セキュリティ責任者から特別に学内情報システムの検査許可を与えられた本学の学生(大学院生含む)です。参加者は所定の研修を受講し、認定試験に合格する必要があります。

【参考】前回(2021年度)の参加者数:34名

2022年度スケジュール(予定)

募集・登録

9月中旬から10月中旬

大会期間

9月中旬から10月末

審査

11月

表彰式

11月下旬から12月初旬

協賛金

1口20万円(最大5口)

協賛金は、協賛企業賞、外部審査員賞、大学賞等の賞金や、本コンテストの運営に係る資金として利活用させていただきます。

協賛特典

協賛金のご提供により、以下の特典例がございます。

  • ・賞金に企業名を付与
  • ・審査員として大会に参加
  • ・表彰会等の参加
  • ・イベント案内に企業名を掲載

※新型コロナウイルス感染状況により、表彰式および表彰会等はオンラインで開催させて頂く場合があります。

協賛企業名掲載

以下の告知媒体上に、協賛企業名を掲載いたします。
電気通信⼤学ウェブサイト
電気通信大学公式SNS(Twitter等)での贈賞結果の配信等

協賛のお申し込み

UEC Bug Bountyへのご協賛にご関心をお持ちいただき、お申し込みを希望される場合またはご質問等ある方は、問い合わせ窓口へご連絡をお願いいたします。

問い合わせ窓口

UEC-CSIRT(電気通信大学情報セキュリティインシデント対応チーム)
メールアドレス:uec-csirt@uec.ac.jp