このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

国立大学法人 電気通信大学

訪問者別メニュー

ここから本文です

広報:大学案内

伊藤毅志准教授

研究者情報

いとう たけし
伊藤 毅志(ITO Takeshi)

キーワード

ゲーム情報学、認知科学、知的エージェントと人間の関係

研究内容

ゲームを題材とした人工知能・認知科学の研究。コンピュータ将棋、囲碁を用いた学習支援、様々な応用。カーリングを題材としたAIや人間プレイヤの認知に関する研究。人狼ゲームにおける人間の意思決定過程。人智を超えたAIと人間の相互作用に関する研究。

伊藤毅志准教授

詳細プロフィール

ウェブサイト
所属等 情報理工学研究科 情報・ネットワーク工学専攻
人工知能先端研究センター
職位 准教授
学位 博士(工学)
主な所属学会 情報処理学会、人工知能学会、日本認知科学会、IEEE、ICGA、電子情報通信学会
略歴 1988年北海道大学文学部行動科学科卒、1994年名古屋大学大学院工学研究科情報工学専攻修了、工学博士。
電気通信大学、助手、助教を経て現在、同大大学院情報理工学研究科、及び人工知能先端研究センター准教授。
同大エンターテイメントと認知科学研究ステーション代表。
UEC杯コンピュータ囲碁大会実行委員長。
デジタルハリウッド大学客員教授。
著書 『先を読む頭脳』新潮社
『ゲーム情報学概論』コロナ社
『僕らのAI論』サイエンス・アイ新書
など
メディア出演 NHK「クローズアップ現代」「NHKスペシャル」
NHKBS1「スポーツイノベーション」「スポーツ酒場 語り亭」
その他新聞、雑誌、TV出演多数
大学案内トップ