このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

国立大学法人 電気通信大学

訪問者別メニュー

ここから本文です

学域(学部)・大学院

情報と理工の融合により幅広い視野を持ち
実践的な専門知識と革新的な想像力を養う

情報理工学域では、豊かで安全な社会の継続的な発展を支える「総合コミュケーション科学」の創出を担える人材を育成します。

そのため、情報分野、理工分野はもとより、情報と理工の融合による学際分野において幅広い視野を持ち、実践的な専門知識と革新的想像力を養うことを目的に、教育体制が整備されています。

学域の1年次後学期から専門性を意識しつつも広がりを意識させた緩やかな括りである「類」に分かれ、2年次後学期からは14の専門教育プログラムで専門性を高めます。各専門教育プログラムでは、大学院博士前期課程(修士課程)との一貫性に配慮したカリキュラムを編成しています。

情報理工学研究科(大学院)

情報理工学研究科

スーパー連携大学院

全国14の大学、企業など産学官が連携して博士教育を行う特別プログラムです。


これまでの学部・大学院

*2015年度以前の入学者の学部・大学院は以下のページになります。