このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

連携大学院:学部・大学院

スーパー連携大学院プログラム

スーパー連携大学院プログラムは、国際社会においてリーダーシップを発揮しイノベーションによる価値の創造を担うことができる「志」の高い博士を育成することを目的として設立された、大学院博士前期および後期課程を含む5年間(標準年限)一貫の教育プログラムです。

この教育プログラムは、多数の大学、企業、行政組織が参画する産学官連携の運営母体であるスーパー連携大学院コンソーシアムによって提供され、カリキュラムの実施からキャリアパスまでコンソーシアム正会員である大学、企業、行政がそれぞれ対等な立場で共同参画します。
また、現在、同プログラムを基盤として、文部科学省の大学間連携共同教育推進事業「産学官協働ネットワークによるイノベーション博士養成と地域再生(平成24年度から28年度)」において、地域の人材の育成と課題解決をセットにした全国ネットワーク型地域コアの体制整備と地域問題解決による多面的人材育成と、その実績を踏まえて、地域や国公私立大学の枠を超え、産官も含めた国公私立大学・公的機関・企業等の共同出資型教育研究組織設置による共同大学院運営を目指す新たな取り組みを進めています。

スーパー連携大学院オリジナルサイト
(新しいウィンドウが開きます)
 

運営方針や実施体制、活動報告などがご覧いただけます。

スーパー連携大学院コンソーシアム正会員名および賛助会員数(2012年4月1日現在)
大学 室蘭工業大学、北見工業大学、電気通信大学、富山大学、大分大学、秋田県立大学
企業 (株)アーネット、(株)キャナリーリサーチ、(株)コラボ産学官、清水建設(株)、3D AUTO PROTECH(株)、セイコーエプソン(株)、JNC(株)、中央化工機商事(株)、TIS(株)、(株)日新化成、日本精工(株)、日本電信電話(株)、野村證券(株)、ユニ・チャーム(株)
行政 江戸川区役所
賛助会員 22組織、7個人
学部・大学院トップ
学部
大学院