このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

国立大学法人 電気通信大学

ここから本文です

受賞・表彰

池田暁彦助教(基盤理工学専攻)が第18回 日本物理学会若手奨励賞を受賞

2024年05月09日

池田暁彦助教(基盤理工学専攻)が日本物理学会第18回若手奨励賞(領域8:強相関電子系分野)を受賞しました。受賞講演は同学会の春季大会で2024年3月20日(水)にオンラインで行われました。

同学会は、国内外の物理学の研究者・教育者・技術者・学生など約15,000名を会員として擁する学術団体です。この賞は、将来の物理学を担う優秀な若手研究者の研究を奨励し、日本物理学会をより活性化するために設けられたものです。本年度は領域8から若手研究者4名が受賞しました。

【受賞者】池田 暁彦
【受賞内容】1000テスラひずみ計測法の開発によるLaCoO3の新規電子相の発見
【関連論文】[1] A. Ikeda, T. Nomura, Y. H. Matsuda, A. Matsuo, K. Kindo, and K.Sato. "Spin stateordering of strongly correlating LaCoO3 induced at ultrahigh magneticfields." Phys. Rev. B 93, 220401(R) (2016).
[2] A. Ikeda, Y. H. Matsuda, and K. Sato. "Two spin-statecrystallizations in LaCoO3." Phys. Rev. Lett. 125, 177202 (2020).
[3] A. Ikeda, Y. H. Matsuda, K. Sato, H. Sawabe. Y. Ishii, D.Nakamura, S. Takeyama, and J. Nasu. "Signature of spin-triplet exciton
condensations in LaCoO3 at ultrahigh magnetic fields up to 600 T."Nat. Commun. 14, 1744 (2023).

表彰状

表彰状

表彰状

池田暁彦助教