このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

国立大学法人 電気通信大学

ここから本文です

受賞・表彰

上田康平さん(情報・ネットワーク工学専攻博士後期1年)が2023年度電子情報通信学会 無線通信システム(RCS)にて研究会奨励賞を受賞

2024年05月15日

石橋功至研究室(先端ワイヤレス・コミュニケーション研究センター)の上田康平さん(情報・ネットワーク工学専攻博士後期1年)が、2023年度電子情報通信学会無線通信システム(RCS)研究会奨励賞(2023 IEICE RCS Active Research Award)を受賞し、2024年5月8日(水)に無線通信システム研究会専門委員会前にて表彰式が行われました。

同研究会は、有限の資源である電波を有効活用し、コードレス、モビリティ、非接触といった電波固有の特質を活かした無線通信システムの研究に焦点をあて、無線伝送・アクセス技術、無線システム構築技術、無線ネットワーキング技術などに関する研究発表・報告と活発な討議を通して研究者、技術者および利用者相互間の交流・啓発の場となっています。

本賞は、2023年5月から2024年4月までのRCS研究会において、35歳以下の若手研究者が発表した論文のうち、特に優れた論文に対して与えられる賞で、今回は5名に授与されました。

【受賞者】上田 康平
【発表題目】低密度構造化OFDMに基づいたグラントフリー非直交多元接続のためのベイズ受信機設計
【著者】上田 康平、原 郁紀(東京理科大学)、石橋 功至

表彰状

表彰状