このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

授業料・奨学金等:教育・学生生活

入学料(入学金)・授業料免除と徴収猶予

入学料免除・徴収猶予(延納・分納)

学部入学者

入学前1年以内に、学資負担者が死亡または風水害などの災害を受けて入学料を支払うことが難しい場合には、願い出により選考の上、入学料の全額または半額を免除する制度(入学料免除)があります。
また、学業優秀で経済的理由により入学料を支払うことが難しい場合、または入学前1年以内に、学資負担者が死亡または風水害などの災害を受けて入学料を支払うことが難しい場合には、願い出により選考の上、入学料の徴収が猶予される制度(入学料徴収猶予)があります。

大学院入学者

学業優秀で経済的理由により入学料を支払うことが難しい場合、または入学前1年以内に学資負担者が死亡または風水害などの災害を受けて入学料を支払うことが難しい場合には、願い出により選考の上、入学料の全額または半額を免除(入学料免除)あるいは入学料の徴収を猶予する制度(入学料徴収猶予)があります。

なお、入学料免除の予算的免除枠は大変厳しく、半額免除および不許可になった場合には、告知日から14日以内に次の手続きを行わなければ、除籍となります。

  1. 納付すべき入学料を支払う
  2. 入学料の徴収猶予申請をする(入学料の納入期限延期の願い)

徴収猶予申請を行った方についても指定された期日までに入学料の支払いが無い場合には、除籍になります。
入学料免除等の申請は、入学手続時に行いますので、入学手続書類をご参照ください。

授業料免除・徴収猶予(延納・分納)

学業優秀で経済的理由により授業料を支払うことが難しい場合、または授業料の納期前6ヶ月以内において学資負担者が死亡または風水害などの災害を 受けた場合には、願い出により選考の上、授業料の全額または半額を免除(授業料免除)、あるいは徴収猶予(延納)、月割分納(分納)する制度があります。

申請時期は、前期授業料分が3月下旬、後期授業料分が9月下旬を予定しています。
新入生は、入学手続書類をご覧ください。
申請を希望する学生は、願書配布、申請手続きについて学内掲示またはウェブサイトでお知らせします。
新入生は、入学手続書類をご覧ください。
申請願書の配布時期は、(前年)2月上旬を予定しています。

学内掲示
本学学内C棟北側(L棟寄り)掲示板
ウェブサイト
問い合わせ窓口

学生支援センター 学生生活支援室 経済支援担当(本館1階)
電話番号:042-443-5089、042-443-5090
受付時間:
学部(昼間コース)・大学院 平日9時から17時(12時から13時を除く)
学部(夜間主) 平日9時から20時、土曜日9時から17時(12時から13時を除く)

教育・学生生活