このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

研究・産学官連携に関する機関:図書館・教育研究センター

研究センター 一覧

レーザー新世代研究センター

レーザーセンターは、1978年に核融合用レーザー開発という使命を受け設立され、その後、極限性能を追求するレーザー極限技術研究センター、さらに、新しい光を生み出すレーザー新世代研究センターとして、その研究分野を発展させています。

量子科学研究センター

量子科学研究センターは光量子科学の現代的発展を担う中核拠点形成の形成を目指し平成27年4月1日に発足しました。伝統的な理学分野(物理学、化学、生物学)との強い繋がりを重視しつつ、光量子科学分野における最先端研究を戦略的に推進します。同時に海外の中核拠点と連携した国際協同教育システムの構築にも注力しグローバル環境のもと次世代を担う人材の育成に努めます。

先端ワイヤレス・コミュニケーション研究センター

先端ワイヤレス・コミュニケーション研究センター(Advanced Wireless Communication research Center: AWCC)はワイヤレス通信の新たな役割に対する社会の要請に応える最先端技術の研究開発と、国際的に活躍できる高度な人材の育成を使命としています。

宇宙・電磁環境研究センター

本センターは、電磁波の計測とそのモデリングを機軸として、宇宙空間や地球の上層から、私たちが普段生活をしている場所までの電磁環境の理解を深めることをミッションとしています。

脳科学ライフサポート研究センター

脳科学ライフサポート研究センター(Brain Science Inspired Life Support Research Center)は、人々が高齢社会を心豊かに過ごせるよう、ライフサポートに資する理工学的研究と教育を促進するための世界的拠点を目指して設立されました。

i-パワードエネルギー・システム研究センター

i-パワードエネルギー・システム研究センター(Info-Powered Energy System Research Center)は、エネルギー・環境問題解決のためのソリューション研究を通じて、グローバル人材の育成と産業競争力向上に貢献することを目指しています。

人工知能先端研究センター

本学には汎用AI実現に必須な研究者が潤沢に在籍していることから、本学に汎用AI研究開発を主軸する研究拠点を設置することとしました.大学では、すでに私立大学においていくつか設立されておりますが、国立大学では初の研究センターとなります。

先端領域教育研究センター

電気通信大学は、ICTおよび関連する諸分野において顕著な研究実績を納めており、その環境下で、若手研究者の育成を積極的に推進しています。

フォトニックイノベーション研究センター

本センターは、本学における光科学/技術の基礎研究を通して生まれた成果を新たなイノベーションとして発展させ、企業との共同研究開発により実用技術として社会に還元することをそのミッションとしています。

先端超高速レーザー研究センター

本研究センターは、JST CRESTの支援を受けて次のような研究を推進しています。
I  新しい方法論による光イメージング法、光制御(刺激)法を開発します。
II 世界最短深紫外、紫外パルスを用いた深紫外-近赤外超高速分光装置を開発しました。それを用いて、脱ケージ化機構を解明し新分子合成の指針を得ます。

燃料電池イノベーション研究センター

燃料電池は、第4期科学技術基本計画、文部科学省「科学技術白書」(2012年度版)グリーンイノベーション関連技術、NEDO「エネルギーイノベーションプログラム」など、燃料電池実用化・普及は我が国の政策的課題として、資源・エネルギーの乏しい、環境問題を抱える我が国の将来の持続的発展と社会生活を支える先進技術として大いに期待されています。

研究設備センター

研究設備センターは、基盤研究設備部門、先端研究設備部門、低温部門の3部門によって構成され、各部門において大型設備・基盤的設備の集中的な運用と管理を行っています。

産学官連携センター

本学の研究者・学生が国内外の産業界や他の研究開発機関等と活発に連携することにより、研究力・学力を高め、かつ地域の産業振興など各種社会貢献に取り組めるよう支援することが、本センターの目的です。そのために3部門と本学TLOの㈱キャンパスクリエイトならびに研究推進課がアンダーワンルーフで緊密に協力して活動しています。

研究推進センター

本センターは本学における研究活動の支援、研究環境の整備等を戦略的に行うことにより、研究力の強化を図ることを目的として平成26年2月に設立されました。本センターは4部門で構成されており、産学官連携センターや研究協力課等の事務組織と連携・協働して業務を遂行しています。

図書館・教育研究センター