このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

ここから本文です

サイト内の現在位置

取り組み・活動:大学案内

教育プログラム
実践的テクノロジスト育成プログラム

平成19年度文部科学省「大学院教育改革支援プログラム」に、本学電気通信学研究科の米田仁紀教授を取り組み実施代表者とする電子工学専攻、量子・物質工学専攻、情報通信工学専攻の3専攻横断型教育プログラム「実践的テクノロジスト育成プログラム」の取り組みが採択されました。

採択された本学の取り組み

申請分野(系)

理工農系

プログラム名

実践的テクノロジスト育成プログラム
(副題)危機・限界体験実験プログラム

実施担当者

電気通信学研究科 電子工学専攻 米田 仁紀 教授(代表者)
電気通信学研究科 量子・物質工学専攻 鈴木 勝 教授
電気通信学研究科 量子・物質工学専攻 島田 宏 准教授
電気通信学研究科 情報通信工学専攻 宮本 洋子 助教

詳細は、実践的テクノロジスト育成プログラムサイトをご覧ください。

大学院教育改革支援プログラムとは

社会の様々な分野で幅広く活躍する高度な人材を育成する大学院博士課程、修士課程を対象として、優れた組織的・体系的な教育取り組みに対して重点的な支援を行うことにより、大学院教育の実質化(教育の課程の組織的展開の強化)を推進するとともに、採択された取り組みを広く社会に情報提供することで、今後の大学院教育の改善に活用することを目的として、平成19年度から文部科学省の新規事業として開始されたものです。
公募要領等の詳細は、文部科学省のサイトをご覧ください。

このページをご覧になるために

Adobe Reader ダウンロードページへ(新しいウィンドウが開きます)

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社の Adobe Readerが必要になります。
最新の Adobe Readerは Adobe社のウェブサイトより無料でダウンロード可能です。

大学案内トップ