ここから本文です

就職・進路資格取得

取得可能免許・資格

本学では、試験科目が一部免除されるものも含めさまざまな資格の取得が可能です。

教員免許

所定の単位を修得することにより、中学校・高等学校教諭一種免許状を取得することができます。取得可能な免許状の種類は下表のとおりです。

高等学校教論一種免許状(数学) 情報理工学部 総合情報学科
情報・通信工学科
先端工学基礎課程
電気通信学部 情報通信工学科(昼間・夜間主コース)
情報工学科(昼間・夜間主コース)
システム工学科(昼間・夜間主コース)
人間コミュニケーション学科(夜間主コース)
高等学校教論一種免許状(情報) 情報理工学部 総合情報学科
情報・通信工学科
電気通信学部 情報通信工学科(昼間コース)
情報工学科(昼間コース)
システム工学科(昼間コース)
人間コミュニケーション学科(昼間コース)
高等学校教論一種免許状(理科) 情報理工学部 知能機械工学科
先進理工学科
電気通信学部 電子工学科(昼間・夜間主コース)
量子・物質工学科(昼間・夜間主コース)
高等学校教論一種免許状(工業) 電気通信学部 知能機械工学科(昼間・夜間主コース)
中学校教論一種免許状(数学) 情報理工学部 総合情報学科
情報・通信工学科
先端工学基礎課程
電気通信学部 情報通信工学科(昼間・夜間主コース)
情報工学科(昼間・夜間主コース)
システム工学科(昼間・夜間主コース)
人間コミュニケーション学科(夜間主コース)
中学校教論一種免許状(理科) 情報理工学部 知能機械工学科
先進理工学科
電気通信学部 電子工学科(昼間・夜間主コース)
量子・物質工学科(昼間・夜間主コース)

無線従事者資格試験と電気通信主任技術者資格試験(いずれも試験科目の一部免除)

無線従事者資格試験は無線設備を操作するために必要な知識および技能について行われる試験、電気通信主任技術者資格試験は第一種電気通信事業者等の伝送交換設備、線路設備に関する知識および技能について行われる試験です。
所定の単位を取得し卒業すると、下表の試験の一部が免除されます。

第一級総合無線通信士 情報理工学部 情報・通信工学科
先進理工学科
電気通信学部 情報通信工学科(昼間・夜間主コース)
第一級陸上無線技術士 情報理工学部 情報・通信工学科
先進理工学科
電気通信学部 情報通信工学科(昼間・夜間主コース)
電子工学科(昼間・夜間主コース)
電気通信主任技術者 情報理工学部 情報・通信工学科
先進理工学科
電気通信学部 情報通信工学科(昼間・夜間主コース)
電子工学科(昼間・夜間主コース)

特殊無線技士資格(申請により取得)

所定の単位を取得し卒業すると、下表の資格が申請により取得できます。

第一級陸上特殊無線技士 情報理工学部 情報・通信工学科
先進理工学科
電気通信学部 情報通信工学科(昼間・夜間主コース)
電子工学科(昼間・夜間主コース)
第二級海上特殊無線技士 情報理工学部 情報・通信工学科
先進理工学科
電気通信学部 情報通信工学科(昼間・夜間主コース)
電子工学科(昼間・夜間主コース)
第三級海上特殊無線技士 情報理工学部 情報・通信工学科
先進理工学科
電気通信学部 情報通信工学科(昼間・夜間主コース)
電子工学科(昼間・夜間主コース)

施工管理技士(受検資格)

所定の単位を取得し卒業した後、一定の実務経験を積んだうえで、下表の受検資格が取得できます。

建設機械施工管理技士 情報理工学部 知能機械工学科
建築施工管理技士 情報理工学部 知能機械工学科
電気工事施工管理技士 情報理工学部 知能機械工学科
管工事施工管理技士 情報理工学部 知能機械工学科

教員免許(大学院)

所定の単位を修得することにより、高等学校教諭専修免許状を取得することができます。ただし、この専修免許状の取得は修士の学位を取得することと併せて、高等学校教諭1種免許状取得の所要資格を満たしていることが前提となります。

高等学校教諭専修免許状(数学) 情報理工学研究科 総合情報学専攻
情報・通信工学専攻
電気通信学研究科 情報通信工学専攻
情報工学専攻
システム工学専攻
高等学校教諭専修免許状(情報) 情報理工学研究科 総合情報学専攻
情報・通信工学専攻
電気通信学研究科 情報通信工学専攻
情報工学専攻
人間コミュニケーション学専攻
高等学校教諭専修免許状(理科) 情報理工学研究科 知能機械工学専攻、
先進理工学専攻
電気通信学研究科 電子工学専攻
量子・物質工学専攻
高等学校教諭専修免許状(工業) 電気通信学研究科 知能機械工学専攻